敬老の日の由来

祖父母を尊敬し、長生きをお祝いするための敬老の日。皆さんもプレゼントを持って祖父母を訪ねた経験があるかと思います。では、どんな目的でいつ敬老の日が設けられるようになったのでしょうか?毎年何気なく行っているイベントですが、詳しい由来を知っている方は数少ないと思いますので、こちらでは敬老の日の由来についてご紹介したいと思います。


敬老の日の起源・由来

敬老の日は、昭和29年に「年寄りの日」という名で制定されました。その後、老人を敬愛し長寿を祝うとして昭和41年に「国民の祝日法」が改正され、国民の祝日となりました。
敬老の日が始まったのは、「聖徳太子説」と「養老の滝説」の2つあるといわれております。


聖徳太子説

聖徳太子は、推古天皇元593年に大阪の四天王寺を建設したと同時に「敬田院」「施薬院」「悲田院」「療病院」の四箇院を設置したといわれております。 中でも悲田院は、現在でいう老人ホームの役割を果たしていました。その悲田院が9月15日に建立されたということにちなんで、9月15日が敬老の日になったという説があります。


養老の滝説

「養老」とは昔の年号のことで、美濃国の昔話に基づいています。
当時、美濃国にはお酒が好きなおじいさんと、孝行息子がいました。
息子の仕事は木こりでしたので収入もわずかしか手に入らず、おじいさんに満足するだけのお酒を飲ませてやることはできませんでした。
ある日、息子が山に入って薪を取ろうとしたら足を滑らせ谷間に落ちてしまいます。しかし、転げ落ちた息子はその先の滝からお酒が流れていることに気づきます。おじいさんに喜ばせてあげられると思った息子は、水筒にお酒を入れて持ち帰りました。おじいさんは、とても美味しいと大変喜んだそうです。
その後、そのことを聞いた元正天皇が9月にその地に向かい、息子に役職を与え、それを発端として年号を「養老」にしたとされております。この昔話に基づいてできたのが、9月15日の敬老の日だといわれているのです。


当店では、敬老の日のプレゼントに最適な猫シルエットの白い器をご紹介しております。お皿が猫シルエットになっているため、大変かわいらしいデザインとなっております。敬老の日の贈り物で食器をご検討されている方には最適です。是非、当店でお買い求めください。