お食い初めのあれこれ

 


お食い初め
  〜 一生食べ事に困らないように願う儀式  読み方:おくいぞめ

生まれた子が一生食べ物に困らないように願い赤ちゃんに食べ物を食べさせる儀式が「お食い初め」です。
赤ちゃんはお食い初めの儀式で初めて母乳以外の食べ物を口にします。
ただし口にするといっても食べるマネをさせるだけですよ

お食い初めの儀式の方法は地域によってまちまちなんです(>_<) 
ご両親にとってもお子さんの最初の儀式ですので戸惑うことも多いようですが、あまり形式ばらずに
今後必要なベビー食器をご用意するつもりでお食い初め用の食器をご用意されればいいと思います。

当ページでは一般的なお食い初めの内容を御案内します。
詳細はお住まい地域の慣例にご参考になさってください。
お食い初めのやり方で決して旦那さん・奥さんのご両親ともめないようにしましょう。

 

 

和食器のお店 陶の小径のオリジナル 「お食い初めセット」

 

和食器のお店 陶の小径のオリジナル 「お食い初めセット」

 

 

 お食い初めセット A

 

 お食い初めセット B

 

 

お食い初めはいつ頃から始まったの?

   お食い初めの儀式は遡ること平安時代から行なわれている伝統文化です
   歴史がある儀式なんですねぇ〜

 
 
お食い初め以外の呼び名は?

   「真魚(まな)始め」  ・・・・・・・・ 初めて魚を食べさせるということで
   「箸揃え」「箸祝い」  ・・・・・・・・ 初めて箸を使うので
   「百日(ももか)の祝い」  ・・・・・・ 祝う時期が生後百日前後なので
   
歯がため」 ・・・・・・・・・・・・  不明です 歯が生えてくる頃だから?



お食い初めを行う時期

   お食い初めは赤ちゃんが生まれてから
百日目に行なうのが一般的です。
   地方によって
百十日目、百二十日目などに祝うところもあります。
   ピッタリその日にお食い初め行なわなくてはいけないという事ではありませんので安心してください。
   あくまでも目安にすぎません、その前後の都合のいい日を選びお食い初めを行えばいいです。


 
お食い初めは何処でするの?

   ご自宅で行う方が一番多いようです。
   日本料理店や旅館などで行う場合には、お食い初めを行いたい旨を相談すると専用のお料理を準備してくれる
   場合もありますので是非ご相談してみてください。


 
お食い初めには誰を招待するの?

   従来は親戚や親しい人などを招いていましたが、近年では両親や祖父母だけで行なわれる事が多いようです。
   もちろん両親と赤ちゃんだけでお食い初めを行うこともOKです。


 
お食い初めで準備するものは?

   お食い初めの儀式は、赤ちゃんがが一生食べ物に困らないように願って赤ちゃんに食べ物を食べさせると
   同時に、歯が生えるほど成長したことを喜ぶという意味があります。
   すべてが初めてのことですので、お食い初め用の食器は新しいものを用意してあげましょう。
   お食い初めセットでなくても、汁椀とめし椀と箸などの3点のみでも可能です。
   当店のベビー用食器には名入れが可能です。
   出産祝い等のギフトとしてお喜び頂いております。


         
●正式な形でのお食い初め用の食器は次の通り

      箸 ・・・・ 柳の白木
      お椀 ・・・ 鶴、松などの蒔絵(まきえ)模様の描かれている漆器
      お膳 ・・・ 紋付  男の子なら
朱塗りの膳
                              女の子なら
外側が黒塗り、内側が朱塗りの漆器
                              このお膳はお母さんのご両親から贈られるのが一般的みたいですが、
                              家紋は婚家(嫁ぎ先)のものをいれることが多いようです。


         
●膳の内容は一汁三菜が基本  

    
お食い初めのメニューには「季節の旬のもの」を取り入れる事が大切です

     1.鯛などの尾頭付きの焼き魚 ・・・・・・ 伊勢エビで行う地域もある
     2.紅白の餅(5個) ・・・・・・・・・・ 省略可能だが揃えるのが本格的
     3.すまし汁(鯛、鯉などの具材)
     4.煮物 ・・・・・・・・・・・・・・・・ 春 = たけのこや蕗、秋 = 里芋や豆類などなど
     5.香のもの
     6.赤飯、白飯 ・・・・・・・・・・・・・ お赤飯が普通ですが、季節の栗ご飯・豆ご飯などでもOK 

     丈夫な歯が生えるように
歯固めの小石と、しわがいっぱいになるまで長生きできるように
     
梅干を添えることもあります。
     

      
【 参考 】  小石は氏神の境内や河原や海岸など水辺の石を拾って使用します。



お食い初めに正式な漆器は必要?

   今では正式な形でお食い初めの儀式を行なうケースも少なくなってきています。
   お椀のかわりに
ベビー用食器、お膳のかわりはベビーラックで代用することが多いようです。
   お食い初めの頃はそろそろ離乳食に切り替わる頃なので、離乳食用食器を代用する方が実用的ですし、
   現代的なお食い初めに相応しいともいえます。その家庭にあった祝い方でお食い初めを行いましょう。

   膳の内容も正式にこだわることはないですが、出来るだけ正式に近いものを用意しましょう。
   ベビー用食器でも鯛や赤飯があるだけでも雰囲気は違います。
   汁物は果物スープや野菜スープなどでもいいでしょう。

 

お食い初めの儀式はどのようにするの?

   正式には
「養い親」が箸をとり食べさせるマネをします。
   
「養い親」とは祖父母や親戚のなかの長寿の人ですが、
   これも長寿にあやかると言う意味があります。
男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みます。
   現代風ではこれにこだわる必要もなく、両親だけで行う場合も父親が行えばいい記念になります。

   まず、鯛などの食べ物を口にもっていき食べさせるマネをします。
   それから、箸を小石に触れてその箸を赤ちゃんの歯茎にあてます。
   この時に石のように丈夫な歯が生えるようにお願いしましょう。
   本格的な食べ方の順番は、飯、汁、飯、魚、飯の順に3回食べさせるマネをします。
   この場合に、
「ひとつぶなめ」といわれるように一粒だけでも食べさせるようにします。



 
お食い初めのその他色々

   家紋 ・・・・・ 嫁ぎ先のものを入れる事が多いです
   お膳 ・・・・・ 母方の実家から贈られる事が一般的です