お食い初めに招待されたときのマナー

平安時代から始まったといわれているお食い初め。ご両親や祖父母、または親戚や知人の中でご招待されている方もいらっしゃるかと思います。では、ご招待いただいた際にはどのような贈り物でどの程度の御祝儀を包むのがマナーなのでしょうか?こちらでは、お食い初めにご招待されたときのマナーについてご紹介します。


お食い初めにご招待されたときのマナー

贈り物には何が良いか・・

通常、お食い初めにご招待されるのは、ご両親や祖父母、ご親族までだといわれております。
以前までは、ご招待された母方のご両親が祝い膳一式を贈っていました。現在でも、この風習によって母方のご両親がベビー用食器を贈ることが一般的とされています。しかし、最近では出産祝いでベビー用食器が贈られている場合も多いので、一度確認してからプレゼントされると良いでしょう。
もし、ベビー用食器がすでに準備されている場合は、現金や商品券を御祝儀として贈ることや、お食い初めに着用する綺麗なベビー服などを贈ると喜ばれるでしょう。


現金や商品券を御祝儀として贈る場合

御祝儀で贈るお札の枚数には、十分に気をつけなければなりません。例えば四枚や九枚は、「死」や「苦」を意味するため縁起が良いとはいえません。お札を御祝儀として贈る際には、縁起の良い枚数を新札で包むように注意しましょう。大体の目安が、ご招待された場合で5000円〜10000円ほどだといわれております。(御祝儀の金額に決まりはありませんので、あくまでも目安として掲載しております。)

商品券を御祝儀として包む場合、送り先の地域によっては、商品券が使用できる店舗がない場合があります。事前に確認してから包むようにしましょう。


当店では、お食い初めの儀式に最適な食器セットをご紹介しております。さらにギフトとしての贈り物に最適な名入れ食器なども通販で手軽にご購入できます。
お食い初めにご招待された方は、是非当店を一度ご覧になり、ご検討されてみてはいかがでしょうか。