出産祝いの基礎知識

「いつ渡せば良いの?」「予算はどうしよう」と戸惑うあなたに、出産祝いに関して役立つ基礎知識をご紹介します。正しいマナーをきちんと知っておきましょう。


出産祝いのマナー

●ギフトを贈る時期

出産祝いを贈る際には、万が一の場合も考慮し、母子ともに健康であるかどうかを確認しておく必要がございます。無事に生まれたという知らせを聞いてからお渡しするようにしましょう。

ギフトを渡すタイミングとしては、赤ちゃんの名前が決まったことを祝うお七夜(生後7日目)から、お宮参りの1カ月頃までがベストです。赤ちゃんの名前が決まった頃から、お祝い返しが始まる前にお渡しするのが理想的です。もちろん、諸事情で多少遅くなってしまう場合もあると思います。

たとえ時期を逃してしまってもご安心ください。「出産祝い」として贈るにはとくに問題ありません。ただし「出産祝い」は少し不自然ないい方になるので、時期外れに贈る場合は「誕生祝い」にかえましょう。遅ればせながらの意を一言添えるようにしましょう。


●出産祝いの相場

  • 兄弟・姉妹  1万円〜2万円 
  • 親戚・親族  1万円〜3万円 
  • 親しい友人  1万円  
  • 職場の同僚  5千円 

  • ※同じ課やグループでまとめて(1人3千円程度)渡す場合もあります。


出産祝いの相場は上記となりますが、これはあくまで世間一般の目安です。地域性や贈る相手方との関わりの深さなどによっても予算は変化しますので、ご友人やご家族と相談しながら金額を決めていきましょう。

また、現金ではなくギフトを贈ることもございます。プレゼント選びなら当店よりお買い求めください。名入れ食器セットの通販サイトです。お食い初め用にも人気の食器セットを充実させました。当店のお食い初めセットは普段の離乳食にも代用可能です。