和食器の収納方法

和食器は規格が多様なものばかりで、色んな料理に適用できる魅力を持っています。しかしその反面、置き場所や収納に困ってしまうということもあります。和食器をどのように収納したら良いのか、基本的な収納法と、見せながら収納できる方法についてご紹介します。


基本的な収納方法

和食器だけとは限らず、洋食器でも使用できる基本的な収納方法です。
まず、種類ごとに和食器を分けていきましょう。それからサイズごとに重ねていきます。このとき、頻繁に使用する器なのか、あまり使わない器なのかを分別しておき、あまり使わない器を先に収納していきます。
重ねるのは5枚程度にしておきましょう。和食器は、スタッキングを想定して作られているものではないため、あまりたくさん重ねすぎてしまうと重さで割れてしまう可能性があります。
絵付や白磁・青磁などは、傷がつかないように間に布や紙を挟んでから収納しましょう。突起がついている器はより注意が必要です。
使用頻度の少ない器は和紙や布で包み、ダンボール箱に保管しておくと良いでしょう。おしゃれなデザイン・上品な器を保管しておくのはもったいないという方は、見せる収納法で楽しむことができます。


見せながら楽しむ収納

「収納」というと、見えないところに収めるだけだと思っている方も多いです。しかし、最近ではインテリアの一部として見せながら楽しむ収納法というのも人気です。
通常のホームセンターなどに売られている正方形グリッドの棚をリビングなどの開いている場所に設置します。あとは同じサイズや形状の和食器をまとめて収納するだけです。ここでポイントなのが、食器を入れすぎず、飾るという感覚で収納していくことです。シンプルな収納法ですが、これだけでもおしゃれなインテリアに変身させることができます。
さらに下の段には、瓶に入れたパスタや豆、コーヒーなどを飾るとよりおしゃれになります。自分なりの見せる収納を楽しんでみてはいかがでしょうか。


当店では、結婚祝いやその他のお祝いに最適な名入れ和食器をご紹介しております。通販で手軽にご購入できますので、お祝い用のプレゼントをお探しの方は、是非当店をご利用ください。